リバウンドをしてしまう理由って何?

ダイエットでコワイのはリバウンドです。

 

なぜならリバウンドを繰り返すと、どんどん痩せにくい体質になり、体がガンコに脂肪を溜め込むクセがついてしまうからです。リバウンドほど最悪の現象はありません。

 

ダイエットは理想体重のまま生涯それをキープすることですから、絶対にリバウンドにだけはならないようにダイエットを成功させましょう。

 

リバウンドのメカニズム

リバウンドは、基礎代謝力が低下することがカギとなっている場合が多いです。

 

基礎代謝は生きていくための必要最低限の働きですが、筋肉率に比例するために、ダイエット中に筋肉が極端に落ちると基礎代謝力も落ちてしまいます。

 

無理な食事制限をして筋肉が無くなり、そこにダイエットをやめて食事量を増やせばリバウンドするのは当然です。前よりも消費出来ない体にしておいて、たくさんのカロリーを摂取するのですから、前より脂肪が増えるのは当然です。

 

満腹感がズレる

満腹感は脳の視床下部の満腹中枢が刺激されることで起こります。

 

この満腹中枢に伝わる刺激というのは、胃壁が伸びる(張る)こと、血糖値が上がること、レプチンの量が増えることです。

 

レプチンというのはホルモンの一種で、肥満の抑制をする飽食シグナルです。

 

無理なダイエットをするとレプチンの分泌スピードがズレて、食べても食べても満腹中枢が刺激されず、ドカ食いなどが起こってしまう危険性があるのです。

 

セットポイントがズレる

セットポイントというのは、「これが正常」と脳が記憶している状態です。

 

セットポイントの機能は生まれ付き備わっていると言われていますが、もともとセットポイントが太りやすいところにある人もいれば、あまり太らないところにある人もいます。

 

太りやすいセットポイントの人は脳が食欲を増進させてしまうので、まずはそのポイントを改善しなければいけないのですが、逆により太りやすくなるポイントにセットし直されてしまう場合があります。

 

特に停滞期になるとホメオスタシス機能が発動し、省エネモードに切り替わります。そこであきらめて元の食事に戻した場合、セットポイントが食欲増進のほうにシフトしやすく、リバウンドにまっしぐらとなってしまうのです。

 

ステロイドの影響

アトピー性皮膚炎などで処方されるステロイド剤の副作用で、食生活に注意していても太りやすくなる場合があります。

 

これはリバウンドとは少々異なりますが、特に食事を変えていないのに突然前よりも体重が増えだしたとすれば、薬の影響だと考えたほうが良いでしょう。