何で?体脂肪がついてしまう原因とは?

過剰な体脂肪は美容にも健康にも不要なもの。

 

それにしてもどうして体脂肪は増えてしまうのでしょうか。体脂肪を減らしたいなら、どうしても食事を改善する必要があります。運動だけでは減らせないので、体の中から変える工夫が必要です。

 

そもそも体脂肪って?

体脂肪は体内の脂肪全般を指しますが、皮下脂肪と内臓脂肪の2種類があります。

 

目で見えるものではないので、体脂肪率という割合でだいたいの目安を見ますが、体脂肪率は体脂肪の量を体重で割って100をかけたものです。

 

体脂肪率には適正範囲があり、男性は10%以下なら痩せすぎ、25%以上なら肥満です。女性は20%以下なら痩せすぎ、35%以上なら肥満です。

 

どうして体脂肪が増えるの?

体脂肪が増えてしまう原因は、やはり食べ過ぎということになりますが、食べる量というよりは、食べるものの種類に左右される事が多いでしょう。

 

例えば、理想的なのは和食ですが、毎日ファストフードを食べていたり、出来合いの惣菜ばかりを食べていたり、外食が多かったりすると、そんなに食べているつもりが無くても体脂肪は増えます。

 

また、あっさり系の味よりこってり系のほうが体脂肪が付きやすいですし、アルコールをたくさん飲むのも体脂肪の元です。

 

間食、甘い物、早食い、食事を抜いたりたくさん食べたりといったムラ、夜遅い食事などなど、体脂肪が増える原因は、現代日本には山のようにあります。

 

また、運動不足は消費エネルギーの減少となり、体脂肪を溜め込む原因になります。

 

低体温も体脂肪の元

最近若い女性で低体温の人や低血圧の人が増えていますが、体温が低くなるのも体脂肪が増える原因です。

 

  • 基礎体温が35℃代の人、
  • 汗をかくような運動を週に1度もしない人、
  • 睡眠が充分でない人、
  • デスクワークばかりな人、
  • 家ではスマートフォンやテレビばかり見ている人

 

こんな人は、体脂肪をどんどん増やしている生活者です。

 

生活が乱れていなくても、加齢によって基礎代謝が落ちると誰でも体脂肪が増えやすくなりますから、30歳を過ぎて上記のような生活をしている人は、後で減らそうとしてもなかなか減らせない体脂肪と格闘することになりそうです。

 

筋肉量は減らさないように

体脂肪を撃退するには、体内でエネルギーを使う必要があります。

 

体脂肪が増えたからと言って食事制限だけをすると、筋肉が減ってますます体脂肪が燃えない体になってしまいます。栄養はしっかり摂って、一緒に酵素も摂取しましょう。

 

何より燃える体作りが大切です。