超重要!ダイエット中の停滞期が起こる理由

ダイエットを成功させるかどうかは、実は停滞期を突破出来るかどうかにかかっています。

 

そもそもどうして停滞期なんてあるの!?と思いますが、ダイエッターにとってもっとも厄介で、もっともモチベーションの維持が難しいのが停滞期です。

 

なぜ停滞期が起こるのか、どうすれば早く脱出出来るのか、停滞期についてまとめておきましょう。

 

ダイエットの停滞期とは

ダイエットを始めてしばらくは、体重が順調に減って嬉しい時期が続きます。
でもある日から突然、急にそれが止まる事があります。

 

いくら体重計に乗っても体重が減らない、なぜ?何か間違えた?それともここが限界?と不安になり、他のダイエット法に切り替えてしまう人もいますが、これはどんなダイエットであれ、ダイエットをする以上起こり得る現象です。

 

停滞期というのは、人間が生命を守るために発動する防御システムです。

 

ホメオスタシスとも言われますが、体に入って来るエネルギーが減少したことに対応して、体が自動的に省エネモードのスイッチを入れた状態となります。

 

これは正しい反応で、体が前より過酷な環境になったという証拠です。

 

脂肪の貯蓄を手放したいのは頭の中だけで、体の中は脂肪をなんとか手放さないために必死で省電力モードにしているのです。

 

停滞期になるダイエットならないダイエット

実は、どんなダイエットであれ停滞期に突入する可能性はあるのですが、うまくプランニングすると停滞期を起こさずに減量することも可能です。

 

それは、体に飢餓状態だと思わせないギリギリのラインで減量して行く方法です。

 

ホメオスタシスは、命の危険を感じるほど体重が急激に減った時に発動するので、そこまで急激な変化にならないようにコントロールして減量すると、ホメオスタシスが発動せずにずっと減量することも可能です。

 

停滞期になりやすいダイエットは、極端な糖質カット、ファスティング、置き換えダイエットなどで、主に短期間でいきなり痩せようとする場合に起こります。

 

反対に、バランスの良い食事をして酵素サプリメントを飲みながら徐々にダイエットするような方法だと、停滞期にならずに減量することが出来る可能性が高いのです。

 

いつからいつまで?

停滞期がいつ発動するかは人それぞれですが、だいたい体重が5%減った時に起きやすいと言われています。60kgの人なら、57kgになった時に停滞期になりやすいということですね。

 

たったの5%減で起きてしまうのだから、リバウンドしてしまう人が多いのも頷けますね。

 

この停滞期から抜けるのにかかる期間はマチマチで、2週間という人もいれば1ヶ月という人もいます。ここで諦めてドカ食いしてしまったり元の生活に戻ってしまったりすると、リバウンドです。

 

ですので、もし停滞期が来たなって思ったら、そこからが、とんでもないリバウンドをしてしまわないためにも絶対に我慢のポイントですよ!