痩せやすい体ってどういう事?

痩せやすい体というのはどういう体なのでしょうか。

 

特異体質や病中は別として、食べても太りにくい体なんて本当にあるのか疑問になりますが、実際に同じようなものを同じだけ食べてもすぐに体重が増える人と、ぜんぜん変わらない人とがいるのは確かです。

 

痩せやすい体の秘密はいったい何なのでしょうか。

 

痩せやすい体のカギは?

痩せやすい体が欲しい人に、ズバリその答えをお教えしましょう。
それは代謝です。

 

代謝と言うと新陳代謝とか基礎代謝とか耳にしますが、そもそも代謝が何か理解しておく必要があります。代謝というのは、体内でエネルギーを作り出し、それを使って体内の必要物を作り出す働きです。

 

必要物というのは、人体を構成する筋肉や物質などですが、代謝が上がるということはエネルギー効率が上がるということで、よく言われる「燃えやすい体質」「痩せやすい体質」というのはみんな代謝の良い体のことです。

 

エネルギーは基礎代謝に使われる

エネルギーを作り出してそれを使うというと、私たちはスポーツなどの運動を思い浮かべると思います。
でも、実際には体で消費されるエネルギーの大半は基礎代謝です。

 

基礎代謝というのは、生きているだけで使うエネルギーで、実は消費エネルギーの60%もが基礎代謝で費やされているのです。基礎代謝は骨、筋肉、内臓などで常に行われていて、そのエネルギー使用量は運動などよりはるかに多い量となります。

 

しかも寝ていてもずっと消費されるものですから、基礎代謝が高ければ、まさに寝ながら痩せるのも可能。筋トレして痩せようと思うなら、トレーニング自身で痩せるのではなく、筋肉量を増やして基礎代謝量を増やすことがメインの目的になります。

 

今すぐやりたい!基礎代謝アップ法

やはり基礎代謝を上げるには、ある程度の運動は必要です。
ただし、ハードである必要はありません。

 

デスクワーク中に意識して姿勢を維持するだけでも消費エネルギーは増えます。
背筋と腹筋を意識して、おへそのあたりを常に引き締めて座ってみましょう。

 

立っている時にも、お尻をぐっと引き締めたり、内ももにぐっとチカラを入れるのもれっきとした運動です。また、たんぱく質の摂取も必要ですが、しっかり摂取するためには酵素の働きも必要です。

 

筋肉が増えれば基礎代謝も上がりますので、効率よく筋肉を増やしましょう。

 

成長ホルモンは寝て待つ

深い睡眠に入って2、3時間くらいが成長ホルモンの分泌のピークと言われています。
大人になると成長ホルモンは出ないと思ったら大間違い。

 

成長ホルモンは毎日寝ている間に分泌され、新陳代謝に貢献してくれています。
だから寝不足なんてダイエットには絶対にNG。

 

しっかり睡眠を取って、朝から元気に活動出来るようにしましょう。
朝食前に酵素サプリメントを飲むのもオススメです。