酵素を多く含む食材って何?

ダイエットのために酵素をたっぷり含む食材を摂取するぞ!と張り切っている方のために、酵素いっぱいの食材をまとめておきましょう。

 

嬉しいことに、美味しいフルーツがいっぱいなんですよね。
これなら毎日楽しく酵素摂取出来そうです。

 

キウイ

キウイは緑色のものと黄色のものとがあります。
比較すると、緑色のものは食物酵素が豊富で、黄色のものは甘みが強くビタミンCが豊富です。

 

キウイにはたんぱく質を分解するアクチニジンという酵素が多いのですが、こちらは緑色のもののほうが多く含まれるので、ダイエットの面からすると緑色タイプのほうが良いかもしれませんね。

 

パイナップル

パイナップルにはたんぱく質を分解するブロメラインという酵素がたくさん含まれています。
食物繊維も多いですし、お通じのためにもオススメです。
ただし、かなり酸が強いので、胃が弱い人は朝イチで食べると胸焼けするかもしれません。

 

バナナ

バナナはでんぷんを分解するアミラーゼという酵素をたくさん含んでいます。実は黒く変色したものほど酵素量が多いので、青いものではなく完熟した黒っぽいもののほうが良いでしょう。

 

メロン

美味しいけれど、高いのがネックなメロンですが、たんぱく質を分解するククミシンという酵素をたくさん含んでいます。カリウムも多いので、むくみ太りの人にはオススメです。

 

リンゴ

補酵素であるビタミンも豊富ですし、ミネラルも食物繊維も豊富なので、ダイエットの強い味方です。
特に皮に多く含まれるので、出来れば皮ごと食べたいですが、農薬やワックスなどには注意しましょう。

 

柑橘類

酸っぱさが美味しい柑橘系フルーツは、抗酸化作用が高いビタミンCやビタミンEを豊富に含むので、是非毎日摂取しましょう。

 

アボカド

最近、手軽に購入しやすくなったアボカドですが、脂肪を分解するリパーゼという酵素をたくさん含んでいます。必須脂肪酸も多いのでサラダにしたり、肉や魚と一緒に食べたりするのがオススメです。

 

大根

でんぷんを分解するジアスターゼという消化酵素を含む野菜です。
特に大根おろしがオススメで、汁も一緒にいただきましょう。

 

にんじん

βカロテンが活性酸素を抑制するので、たくさん食べてアンチエイジングにも利用したい野菜です。

 

酵素の効果をしっかり得るには

酵素は、補酵素と一緒でないと働けません。
補酵素のほとんどはビタミンですが、コエンザイムQ10なども有名な補酵素ですね。

 

また、ビタミンはミネラルがないと吸収されなくなってしまうので、酵素・ビタミン・ミネラルというのは黄金のセットです。野菜やフルーツにはこれらがセットで含まれる上に、お通じにも良い食物繊維が豊富なので、ダイエットの強い味方となります。

 

酵素を上手に摂取するなら、熱に弱いので加熱しないことです。
生のまま食べるのが一番で、他には絞って生ジュースにするのがオススメです。

 

また、酵素は鮮度にも左右されるので、出来るだけ新鮮なものを摂取することも大事。
ただし、生野菜やフルーツは体を冷やす作用もあるので、食べ過ぎはあまり良くありません。