酵素サプリの発酵菌とは

酵素サプリメントには、何種類もの発酵菌が含まれているといったウリ文句がありますね。
もちろん発酵菌の種類が豊富なのは魅力です。発酵菌のチカラを知っておきましょう。

 

酵素サプリメントの元になるのはたくさんの果物や野菜、海藻、薬草などですが、その組み合わせは各メーカーの長年の研究によって決められています。

 

ドリンクタイプで見るとわかりやすいですが、それぞれ飲みくちも違えば味や匂いも違いますよね。
そして、使われている食品を分解する酵母によっても、出来上がる酵素が変わるわけです。

 

酵素にはブドウ糖を分解するアミラーゼやたんぱく質を分解するプロテアーゼ、脂肪を分解するリパーゼなどが知られていますが、発酵を促す発酵菌は、清酒酵母やパン酵母、乳酸菌、麹菌などが知られています。清酒酵母は昔からお酒を作る時に活躍している菌で、麹菌はみそや醤油などを作る時に活躍している菌ですね。

 

これらの発酵菌のはたらきがあってはじめて、酵素が生まれるわけです。
もっとも、そうした発酵菌にも無数の種類があり、乳酸菌だけでも数えきれないほどの種類があります。

 

それぞれの菌のはたらきによって発酵の内容が変わりますので、出来上がった酵素にもタイプが分かれるわけです。どの菌がどの効果とは言い切れませんが、便秘解消により効果的なものもあれば、血行促進に効果的なものもあります。

 

美肌や美白に効果があったという人もいるでしょう。
自分の身体の体質との相性もありますので、お試しで飲み比べてみるのが一番です。