酵素は体に重要な存在

酵素ダイエットをするのなら、まず酵素が何かをちゃんと知っておきましょう。

 

「なんだかよくわからないけれど痩せるらしい」と言うよりも、仕組みを知れば更に効果的な方法も思いつくはず。まずは酵素が私たちのからだにどんなことをするものなのかを調べましょう。

 

酵素というのは、人間が生きる上で確実に必要なもの、と言われるものです。

 

空気や食べ物ほど大事なものなの?と不思議に思うかもしれませんが、実は酵素がなければ、人間は食べた物を活かすことすら出来ないのです。

 

人間に必要なのは、炭水化物、たんぱく質、脂肪、ビタミン、ミネラルという5大栄養素があり、最近では排泄に関わる食物繊維を加えて6大栄養素と言われる場合もあります。

 

でも、これらを摂っても酵素がなければどうすることも出来ないの現実なのです。
酵素には食べたものを分解して消化吸収するはたらきがあります。

 

その他にも筋肉を動かしたり、神経を正常に機能させたりするにも必要なはたらきがあり、生命維持活動をしようと思ったら酵素なしでは人間の身体は成り立ちません。

 

酵素なしでは息も出来ませんし、心臓を動かすことも出来ません。
それほどに重要な存在なのです。

 

酵素は何かの仕事するには、一つのことしか出来ません。

 

酵素の種類は見つかっているだけでも3,000種ですが、これからまだまだ出て来るだろうと言われています。そんなにあっても、それぞれ仕事は一つだけなので、炭水化物を分解する酵素はたんぱく質を分解することは出来ません。

 

もしかしたら、あってもあっても足りないのが酵素かもしれませんね。