生酵素サプリの効果・効能をまとめてみた!

・ダイエット効果

 

 

「酵素にはダイエット効果がある」と言ってしまうと、酵素だけ摂取していれば痩せるようにも聞こえてしまうので、それはちょっと問題ですね。

 

酵素のダイエット効果というのは、例えば酵素サプリメントさえ飲んでいれば痩せるというようなものではなく、酵素の働きをうまく利用してバランスの良い食事をすると、ダイエットの効果が飛躍的に高まるというのが正解です。

 

酵素を飲めば痩せるというのは残念ながら言い過ぎで、魔法のやせ薬ではないのです。

 

酵素サプリがそのまま自分の酵素を増やして代謝が進むわけではなく、痩せやすい体を作るための手助けになると理解しましょう。

 

そうした意味で言うのであれば、確かに酵素サプリはとてもこころ強い味方になってくれます。

 

食事と酵素の関係

酵素サプリでダイエットに成功したという人は多いですし、事実うまく行くと思いますが、それには酵素と食事との関係をきちんと理解している必要があります。

 

何も食べずに酵素ドリンクだけを飲んでいれば、体重が落ちるのは当然ですが、それではリバウンドが起こるだけで何の意味もありません。

 

酵素サプリでのダイエットは、ファスティングなどではなく、食べたものをきちんと消化して、きちんと使い切る体質を作るための一つの手段です。

 

必要な栄養素をしっかり補うために酵素を使い、ムダ食いをやめ、エネルギーとして使いやすい形にして消費するというのが酵素ダイエットの真髄です。

 

体内の酵素は消化に使うと代謝にまわりにくくなりますから、溜め込むだけ溜め込んで使うチカラがないという状態を回避することが出来ます。

 

正しい酵素ダイエットの方法

ダイエットの基本は食事制限です。酵素サプリはバランサーとして使いましょう。

 

面倒なカロリー計算やメニューの組み立てが苦手な人でも、なるべくたくさんの食品を摂り、腹六分目くらいにカロリーを抑えて酵素サプリを飲むだけで、体重を落とすことは可能です。

 

また、食物酵素を多く含む野菜や果物も食事にどんどん摂り入れましょう。フルーツの果糖は気になりますが、フルーツは食物繊維もビタミンもミネラルも摂れるのでオススメです。

 

また、ブレンダーで野菜ジュースを作って、酵素サプリと一緒に毎朝飲むのも良いでしょう。

 

注意点としては、身体を冷やさないことです。

 

酵素は活発に働く適温が37度前後です。低体温だと摂取しても活性化しません。露出の多い服装は避け、しっかり体内で酵素を働かせて下さい。

 

・便秘解消・腸内環境の改善

 

 

酵素が便秘解消に良いと言うことはすでに知られるようになりましたが、もともと便秘解消には生野菜や果物をたくさん食べるようにと言われていましたよね?

 

それは、野菜や果物に酵素がたくさん含まれているからです。

 

酵素は壊れやすいのでなかなか理想的な摂取が出来ませんが、サプリメントならそれもうまく行きます。便秘の症状を改善させるために強い便秘薬を飲み続けるくらいなら、しっかり酵素サプリを飲んで、いつでも快調になるほうが絶対にいいですよね。

 

実は便秘になっている人の中には、腸の機能が悪いわけではなく、胃の働きが悪いことが原因の人も多いのです。

 

どうして酵素不足で便秘になる?

慢性的な便秘の原因が酵素不足だという人は少なくありません。

 

というのも、酵素が少なくなると消化吸収が悪くなり、新陳代謝が鈍って老廃物の排出機能が低下するからです。酵素不足できちんと食べたものが消化出来ないと、腸の中で腐敗菌が増えて便秘や下痢になります。

 

酵素は年齢と共に減少するため、高齢者に便秘が多いのはそうした理由もあるのです。

 

酵素にはそれぞれ担当する栄養素があるので、たくさんの種類の酵素にそれぞれ元気に働いてもらう必要があります。体内酵素によく働いてもらうには、食べ物に含まれる食物酵素もうまく摂り入れて、体内酵素の負担を減らしてあげることも大切です。

 

発酵食品や生野菜、魚の刺身などは理想的です。

 

パイナップルのように、肉と一緒に食べると動物性たんぱく質を消化してくれる酵素を持ったフルーツもありますから、うまく組み合わせるのも良いでしょう。

 

食べ物に酵素が含まれると、体内の消化酵素に余裕が出来ます。消化不良になることもなく、腸内で腐敗物が渋滞することもないので、しっかりお通じ出来るでしょう。

 

腸内環境の改善

酵素不足で消化不良が起こると腸内環境が悪化してしまいますが、逆に酵素がきちんと足りていれば腸内環境は改善可能です。便秘の予防や改善には腸内環境の正常化が必須なので、酵素サプリでそれを補うのはとても良い方法でしょう。

 

酵素が多く含まれる食品は野菜や果物ですが、熱に弱くすぐに活性を失ってしまいます。

 

腸内には100兆個以上の腸内細菌が棲んでいますが、常に善玉菌が20%のシェアを持っているようにコントロールするのが腸内環境改善への第一歩です。

 

便秘解消には乳酸菌が有効ですが、発酵食品を食べることで乳酸菌も食物酵素も摂取出来ます。
上手に活用すれば、毎日のお通じをスムーズに出来るでしょう。

 

・美容・アンチエイジング効果

 

 

酵素をしっかり補給することで、体をさびつかせないように守るという美容アプローチがあることをご存知でしょうか。

 

老化の敵は活性酸素ですが、それに対抗出来る抗酸化成分を多く含む野菜や果物には酵素が多く、摂取すると抗酸化作用が高まることが期待出来るのです。

 

特に植物発酵エキスが含まれる酵素サプリメントは、美容にとても良い働きを持っています。

 

原料が野菜や果物ですから、食事の内容が悪く、外食やインスタント食品ばかりの人にとっては酵素サプリは大事な栄養源となります。

 

特に食が欧米化している人には必要ですね。植物発酵エキスを含む酵素サプリは、体をさびつかせないアンチエイジングサプリなのです。

 

美容には代謝酵素が必要

酵素というと消化酵素のほうに話題が行きがちですが、美容面からアプローチするなら絶対に代謝酵素の存在を意識すべきです。老化の原因は活性酸素だと前述しましたが、その他にも加齢による代謝の低下は非常に大きな老化の原因になります。

 

肌はターンオーバーして常に美しさを保っていますが、そのターンオーバーを鈍らせるのも代謝酵素の減少です。エネルギーが必要な細胞に届かないから、生まれ変わりのチカラが低下して、肌の透明感がどんどん失われて行くのです。

 

代謝を上げるなら、代謝酵素です。アンチエイジング効果を期待するなら、代謝に働いてくれる酵素が多く含まれるサプリメントを選びましょう。

 

シミを追い出すにも代謝酵素

出来てしまったシミは、肌を入れ替えて肌細胞ごと捨てる以外に方法がありません。
それを可能にするのが表皮のターンオーバーです。

 

コラーゲンやヒアルロン酸もセラミドも必要ですが、そうした美肌を支える組織を支えるのは代謝酵素です。細胞を生まれ変わらせるにはエネルギーが必要です。

 

必要な場所に必要なだけエネルギーが行き渡ってこそ、肌は瑞々しくなり、ハリが生まれてシワが目立たなくなるのです。痩せようと思ってグリーンスムージーを始めたら、なんだか肌がつやつやになって潤ったという人はたくさんいます。

 

単にダイエットのためだったかもしれませんが、葉野菜や果物に含まれる酵素が充分に補給されたことで、トータルでアンチエイジングに成功した典型的な例と言えるでしょう。

 

また、女性ホルモンの分泌バランスを整えるのも酵素の働きです。免疫細胞を活性化させるのも酵素の働きですから、肌トラブルが一気に解消してもなんら不思議ではないのです。

 

・冷え性の改善

 

 

「酵素サプリを飲んでから、なんだか体がポカポカして・・・」という声を良く聞きます。
これは決して思い込みなんかではないんですよ。

 

冷え性の原因は血流の不良ですが、酵素にはそれを改善するチカラがちゃんとあるのです。

 

そう言えば、血液ってどうやって作られるのか知らないな、という人は多いと思いますが、血液の主成分である赤血球は心臓で生まれるのではなく、血管の内壁から出て来るのです。

 

出来たばかりの赤血球は、血管の内部にギッシリとくっついていて、まるでブドウのように生っています。そのブドウを狩り取るように切り離す役目が体内酵素で、切り離された赤血球が血液の中に落ちて流れるようになってはじめて血液として作用するようになります。

 

血流がスムーズに流れるためにはきれいな赤血球が必要で、血液内に赤血球が充分にあると全身から冷えが無くなり、元気で美しくなれます。

 

めぐりを加速させるのも酵素

生まれた血液がスムーズに流れて、体内を駆け巡るのにも酵素が関係しています。

 

赤血球がくっついてしまうと流れが悪くなり、毛細血管の中に入って行けなくなることで冷えが起こる場合があります。このくっつきを切り離してまた血液の中に赤血球を落としてくれるのも酵素です。

 

特に肉など動物性脂肪が血管の中に多くなると、赤血球がくっつきやすくなってしまうのですが、そうなると赤血球の大きさが通常の2倍から3倍にまで膨れ上がり、毛細血管に入れなくなってしまいます。

 

この状態を元の状態に戻すのも酵素の大事な役目です。動物性タンパク質を分解し、赤血球をバラバラにして元の大きさに戻す働きがあります。

 

たんぱく質分解酵素がカギ

たんぱく質分解酵素は、新鮮な生野菜や果物などにも含まれますが、欧米型の食事をしていると、食品から摂取するだけでは足りなくなります。

 

そんな時に役立つのが酵素サプリメントです。

 

もちろん食品からも摂取するように気を付けたり、肉類ばかり食べないように注意したりすることも大事ですが、体内の血液の流れをスムーズにさせるのに酵素サプリメントは役立ちます。

 

酵素と血流との関係について述べた文献は非常に多く、医療関係者も長年研究を続けています。

 

そのすべてを私たち素人が理解することは出来ませんが、血流は酵素がコントロールしているのだということは、是非覚えておきたい事実ですね。

 

また、酵素と一緒にミネラルを摂取すると体温が上がりやすくなり、病気への抵抗力も高くなります。

 

・免疫力の向上

 

 

免疫力の強さは、腸内環境と深く関わっているということが分かって来ましたよね。

 

免疫機能の60%以上が腸に集まっていることも明らかになり、腸内環境を良好に保つことで病気に対する抵抗力をつけようという動きもあります。

 

そこで理解しておきたいのが、腸の状態を良好に保つのにも酵素が必要だということです。

 

腸内環境を理想的に保つためには善玉菌が常時20%を占めている必要がありますが、その善玉菌を作っているのも酵素なのです。

 

酵素サプリを飲み始めてから、風邪をひかなくなったと感じている人も多いです。

 

酵素サプリを飲み始めたキッカケはダイエットだったかもしれませんし、美肌のためだったかもしれませんが、同時に身体の免疫力を作るという大事な成果も上げているということなのです。

 

逆に言うと、前より風邪が治りにくくなったという人や、常に疲れ気味という人は、栄養を考える前に酵素不足を考えてみましょう。

 

酵素を無駄使いしない

せっかく酵素サプリで酵素を補給するなら、自分でも酵素を無駄使いしない生活をこころがけましょう。
例えば睡眠不足や暴飲暴食などの食生活の乱れは正して、不規則な生活や運動不足は解消しましょう。

 

酵素は消費されすぎてしまうと、必要な時に十分働かなくなってしまいます。
限りがあるものだということを忘れないことですね。

 

免疫機能を上げるためには体温を上げることが重要ですが、体温をコントロールする血流を生むのも酵素の働きです。血流を良くする、基礎体温を高くキープする、免疫力を高めるという一連のケアには、酵素が深く関係していることを知りましょう。

 

足りないならサプリメントで補うことをオススメします。

 

加工食品ばかり食べない

酵素はたんぱく質の一種で、熱に弱い性質を持っています。
48℃を超えると壊れて変質し、もう酵素としては働くことが出来ません。

 

外食の多い人、インスタントの加工食品が多い人、コンビニ弁当が主食の人は、明らかに酵素が足りていません。また、加工食品には化学食品添加物などの合成物質がたくさん入っていますが、その解毒のためにもたくさんの酵素を使ってしまいます。

 

食事が悪い人は、すぐに風邪をひきやすく、ひくとずっと長引かせるという共通した特徴があります。
免疫力を高めるためにも食べるものは考えて、必要であればサプリメントも活用しましょう。

 

発酵食品にも食物酵素が多いので、外食が多い人は納豆や味噌汁などを付けるのも良い習慣です。母親が毎日納豆ばかり食べてて風邪ひいた所をほとんど見た事がない・・・なんていう人も多いかと思います。

 

・アレルギー改善効果

 

 

アレルギー症状の代表的なものはアトピー性皮膚炎などですが、最近はアレルギーを起こす原因が酵素不足だと言われています。

 

なぜかと言うと、それはアレルギー症状が腸の環境の乱れから起こっているというのがその理由なのですが、特に大腸ではなく、小腸の繊毛が常に炎症を起こしている事が原因だというのが一番有力な説なのです。

 

そもそもなぜ小腸の粘膜に炎症が起こるかをご説明しましょう。

 

小腸の壁には無数の突起があり、その表面から必要な栄養素を吸収しています。

 

それはとても繊細な絨毛(じゅうもう)で、表面はとてもこまかな網目状になっていますが、健康な粘膜であればこの網目がキレイに整い、性能の良いフィルターの役目をしています。

 

でもアレルギーを起こしてしまう人の腸では、このフィルターに大きな穴が開いていて、通常では吸収しないような大きさの物質まで内部に摂り込んでしまうという不具合が起こります。

 

そのことで腸壁に炎症が起こり、それを鎮めるために抗体が作られ、アレルギー症状のトリガーとなるのです。

 

異物が入ってしまった腸は・・・

本来入るはずのない大きさの異物を通してしまった場合、血液中には通常存在しない物質が流出することになります。免疫システムは、異物を敵と判断し、抗体を作って包み込むのですが、これがアレルギー反応となって現れます。

 

つまり、アレルギー反応の根本原因は消化不良なのです。

 

小腸の炎症の原因は消化不良による小腸内の腐敗だと指摘されています。

 

消化不良は、消化酵素の不足で起こりますので、若い頃は平気だったのに年齢が進んでから急にアレルギー症状が出るようになったという人は、消化に十分な酵素が無い可能性があります。

 

消化不良を解消するために

喫煙は腸の環境を悪くしますし、過度のアルコールや薬の常用などによっても腸壁にただれが起こると言われています。消化不良で腸内が腐敗し、小腸が炎症を起こすというメカニズムを断ち切らない限り、アレルギー症状は消えないでしょう。

 

まずは充分に消化活動が出来るように、酵素サプリで補うことは、改善への第一歩となります。
アレルギー症状は辛いので、和らげるためにはある程度の投薬治療も必要です。

 

でもそこで終わらずに、同時に根本原因を断つ努力も必要だということですよね。

 

サプリメントは薬ではありませんから、飲んですぐにどうこうなるというものではありませんが、体質改善への足掛かりにはなるでしょう。

 

>>間違いない生酵素サプリ5選はコレ!