酵素は体の元気の素?

酵素は、人間の生命にとって大切な存在です。

 

アメリカの医学者であるエドワード・ハウエル博士が酵素について研究し、それが世界的に広まっていますが、酵素は元気の素とか、生命維持活動には欠かせないとか、いろいろな事が言われていますよね。

 

1985年にハウエル博士が書いた「酵素栄養学」という本をよく読めば理解出来ると思いますが、本を読むのはタイヘン!という人のために、ポイントをまとめておきましょう。

 

酵素の働き

酵素は体内にあって、食べ物を消化したり、新陳代謝を起こしたり、あらゆる体内の働きに関係しています。でも、その正体はたんぱく質なんですね。

 

体内の酵素が少なくなると、私たちはすぐに体調が優れなくなります。

 

消化不良が起こりますし、肌が荒れて不調になりますし、やる気が起こらないなど活力の問題にもなります。だから、酵素は体の元気の素ですよ、とよく言われるわけですね。

 

酵素が充分働いている体は、健康的で若々しいというのも事実。もう一頑張りが出来る気力も体力も、酵素に関係しています。

 

栄養はそのままでは使えない

栄養をたくさん摂って元気に生きようと言いますが、実は食べ物からたくさん栄養を摂ったところで、そのままでは体内では使えません。

 

原料を入れただけでは体は動かず、酵素が使えるエネルギーに変えて初めてうまく使うことが出来るようになります。栄養がエネルギーとなるには体の中で化学変化が必要で、そのために分解して形を変える働きをするものが必要です。

 

酵素が無ければ栄養はエネルギーに変わることはなく、いくら食べ物を食べても体は弱って行く一方となるのです。

 

酵素には種類がある

酵素は生命活動をコントロールする大事な媒体です。

 

その酵素にも3つの種類があります。

 

前述したエドワード・ハウエル博士の酵素栄養学という本では、体内にあるのは「消化酵素」と「代謝酵素」で、それとは別に食物に含まれる「食物酵素」とがあると説いています。

 

つまり、体内酵素には2種類あり、消化酵素と代謝酵素では働きが違うことになります。

 

また、食物酵素は新鮮な生野菜や果物の中に多く、日本人が長年食べて来た刺身や納豆、味噌などの中にも含まれます。食物酵素は体内酵素を助けて消化を促進してくれるので、最近では酵素入りの胃薬なども発売されていますね。

 

食物酵素が消化を助けてくれると消化器系の負担が減って、お腹がスッキリします。酵素は新陳代謝や病気の予防などの仕事もしているので、無駄使いせずに大事に使いたいですね。