酵素とは何ですか?

酵素という言葉は聞いたことのある人も多いと思います。でも、実際にどんなものなのかをきちんと理解しているかどうかとなると、ちょっとあやふやな人も多いかもしれませんね。

 

なんとなく健康に良さそう、という認識でも間違いではないのですが、もう少し詳しく知っておくと、より良い生活が送れるかもしれません。

 

酵素というのは、人間が生きていく上で絶対に必要な物質です。

 

人間は食べ物を食べてそれをエネルギーに変えて生きているのですが、それも酵素がなければ不可能なことなのです。五大栄養素と言われる炭水化物、たんぱく質、脂肪、ビタミン、ミネラルといったものも、酵素のはたらきで身体の中で使える状態に変化するからこそ私たちは健康に生きていけるのです。

 

あったほうが良いなどというレベルの問題ではなく、なくてはならないものだということですね。

 

酵素は分解、消化、吸収、燃焼、排泄においてはたらきますが、同じ酵素がすべてを行うのではなく、分解なら分解のみ、吸収なら吸収のみという1つの仕事に割り当てあられます。

 

そして分解の中でも分解する栄養素がまた1つずつ割り当てられています。

 

人間の身体ではたらく酵素の種類はなんと3,000種類以上見つかっているのですが、例えばでんぷんを分解する酵素はでんぷんを担当するのみで、たんぱく質を分解することは出来ません。

 

だから種類が多いとは言っても、決して十分余りあるというわけにもいかないのです。

 

酵素はまた、熱に弱く分解されてしまいます。加熱した食べ物には酵素がほとんど含まれませんので、身体に摂り入れる時にはいろいろな工夫が必要なのです。