酵素サプリの生酵素とは

酵素サプリメントに使われている生酵素について詳しくみてみましょう。
一言で生酵素と言っても、何がどう生なの?と思うかもしれません。

 

一番見分けがつきやすいのは、粉末状になっているかどうかという点です。
パウダーにするには、少なくとも酵素エキスを乾燥させるために加熱する必要があります。

 

熟成自体は時間をかけてゆっくり行われたものでも、せっかくの最後の過程で一瞬でも熱を加えてしまったら、やはり魅力は半減ですね。このへんはドリンクタイプに劣りやすい点ですから、よく選びたい部分です。どう頑張っても酵素は50度が限界ですから、酵素は粉末状にするのではなく、ペースト状で加工されたものが正解です。

 

パウダー状にしてしまったほうが取り扱いが楽ですし、運搬も簡単なのでコスト面を考えれば採用したくなるメーカーも多いでしょう。でもそれでは意味がないわけです。

 

ペーストだとドリンク同様、味や匂いが苦手という人もいるかもしれませんが、ペーストをそのままカプセル化したものがいまは主流ですので心配はありません。

 

味が苦手ではないと言う人は、酵素ペーストをそのまま袋から食べるタイプのサプリメントもありますので、より直接的に酵素を摂取出来ますね。品質面でも安心です。

 

無いとは思いますが、生サプリメントだと言っておきながら、カプセルの中味がパウダー状になっていたのでは信頼性に欠けます。
お試し出来るなら、一度取り寄せたカプセルを割って、中味を確認してみると良いですよ。