消化酵素と代謝酵素の違いとは?

酵素の存在を知らない人は、栄養のあるものを食べさえすれば、体は元気になると思いますよね。
でも実は酵素がなければいくら食べても、必要なエネルギーは生まれません。

 

単純に食べ物を食べるだけでは、吸収されずにそのまま捨てられてしまう栄養もあります。

 

食べ物を分解して、栄養を吸収されやすい形にまで細かくして、それをきちんと使う仕組みがあるからこそ、私たちは生きていられるのです。

 

そんなシステムでとても大事な消化酵素と代謝酵素の違いについてまとめておきましょう。

 

消化酵素の働き

食べたものを分解して、体内で使える形にするのが消化酵素の働きです。

 

消化酵素は化学変化の触媒となって栄養素を分解しますが、ひと言で消化酵素と言っても、一つの酵素がすべての栄養素を分解できるわけではありません。

 

消化酵素にも非常にたくさんの種類があり、それぞれ役割を分担しています。栄養素の種類だけでなく、消化器官の種類によっても消化酵素はさまざまな種類に分かれて存在しています。

 

消化酵素の主な働きは、食物を小さな分子に分解することです。吸収するのは小腸の仕事なので、小腸の腸管から吸収できるほど小さな分子に分解するのが主な仕事。

 

栄養素の種類によって3種類の酵素があり、炭水化物を分解する酵素、たんぱく質を分解する酵素、脂肪を分解する酵素に分けられています。

 

食べ物を消化する器官からは消化液が分泌されますが、唾液には炭水化物を分解するアミラーゼ(ブリアチン)という酵素が含まれ、十二指腸から分泌される膵液には膵アミラーゼの他、たんぱく質を分解するトリプシン、キモトリプシン、脂肪を分解する膵リパーゼという酵素が含まれます。

 

胃液にはたんぱく質を分解するペプシン、腸液には炭水化物を分解するスクラーゼ、マルターゼ、たんぱく質を分解するアミノペプチダーゼなどが含まれます。

 

代謝酵素の働き

代謝酵素は、消化酵素によって分解され、吸収された栄養素が血管に入り込み、全身のいたるところで様々な形に変換され、実際に使われる時に触媒の役目をすることです。

 

主な役割はエネルギーの生産で、運ばれて来た栄養素を体が動くためのエネルギーに変え、実際の活動に使っています。体内のエネルギーのやり取りを行う時に使われるのが「ATP」と言われる物質ですが、人間は食事から栄養を摂取して、酵素を使ってATPを生産しています。

 

ATPの生産量が少ないと、慢性的に疲れやすくなり、気力も体力も足りない状態になるのです。

 

また、代謝酵素はたんぱく質の合成にも関係するので、筋肉や骨、肌や髪の毛などたんぱく質で出来た物質を維持するために必要です。

 

髪の毛はケラチンという硬質のたんぱく質で出来ていますし、肌もたんぱく質で作られますが、こうしたたんぱく質の合成に関わるのも代謝酵素なので、美容にも欠かせないものです。