代謝酵素のはたらきとは

代謝酵素は、私たちが食べたものが消化酵素によって分解された後で、吸収された栄養素を細胞ひとつひとつに届けるはたらきをします。

 

これはいわゆる新陳代謝を司るはたらきで、これがないと細胞が有効に稼働してくれません。
また、食べたものの中の毒素を、汗や尿として排泄するためのデトックスのはたらきもあります。

 

このはたらきがなければ、有害物質を体外へ捨てることが出来ません。

 

また、免疫力を高めて外敵から身を守ったり、ダメージを受けた細胞や病気になった細胞を修復したり治したりする治癒のはたらきもあります。

 

ほんとうに、これらのはたらきがなければ私たちは生きていられませんよね。

 

消化酵素と代謝酵素とは生まれながらにして体内に持っていて、若い時にはどんどん新しく作り出すことも出来ます。でも年齢を重ねるとだんだん作られる量が減ってきて、どんどんその数は減っていってしまうのです。

 

消化酵素のはたらきを助けてくれるのは、食べ物の中にある食物酵素です。
これらは食物と一緒に体内に入ってきて、消化を助けてくれます。

 

体内で作られる酵素の数はあらかじめ遺伝子によって決められていますし、消化酵素と代謝酵素とでは消化酵素のほうが優先されるためにだんだん代謝酵素が少なくなります。

 

これが歳をとると代謝能力が落ちて来る原因です。

 

消化の良いものを食べる、そして消化を助けてくれる食物酵素を活用する、そうしたことで、代謝酵素がしっかり働ける環境を作ることがひいてはダイエットにつながるのです。