酵素の特徴

酵素はたんぱく質で出来ています。そして実は、このことが酵素を熱に弱くしています。
酵素は熱が加わると、たんぱく質が変質してしまって酵素としてのはたらきを失ってしまいます。なんとか耐えられるのが50度程度、ギリギリで70度まで耐えられるものもあるようですが、加熱はしないに限ります。

 

ということは、身体に絶対的に必要な酵素なのに、食べ物から摂ろうと思ったら加熱してある加工品や料理からは一切摂れないということになります。

 

普段の生活でも生の食材を摂取しないと酵素は摂れません。

 

酵素をうたったサプリメントでも、原材料を加工する時に加熱処理してあったのでは効果がないということになります。でも流通している市販品で、加熱処理されていないものを探そうと思うとなかなか見当たらないのが実情ですよね。

 

食物酵素をしっかり摂ろうと思ったら、まず新鮮な生魚や生野菜、果物などを摂る必要があります。
または、日本独特の発酵食品である納豆や、ぬか漬け粕漬けなどの漬物から摂る方法もありますね。

 

昔はたんぱく質さえ摂っていれば食物酵素なんかいくらでも摂取出来ると思われていたのですから、のんきなものですね。研究が進んだことによって、酵素の大切さがあらためて注目されるようになったのです。

 

酵素をはたらきで分けると、消化酵素と代謝酵素と食物酵素に分かれます。

 

消化酵素と代謝酵素は私たちの体内で作られる潜在酵素ですが、この数には遺伝子によって限界があることがわかっています。このうちの代謝酵素こそ、ダイエットには不可欠なものなのです。